読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みたにっき@はてな

三谷純のブログ

折紙

来日中のChris K. Palmer.氏にお会いして、折紙の幾何的なデザインについていろいろお話を伺うことができました。 写真はPalmer氏と彼の作品群。 タトウと呼ばれる、ねじるようにして立体的な形を表現する作品が得意で、その作品の設計方法などについて貴重…

先日の日刊工業新聞で紹介されたことが理由と思いますが、立体折紙のデザイン方法についてテレビ会社の方から取材の申し込みがあり、快諾させていただきました。当日は、アプリケーションの画面も出るでしょうから、少し手直ししようかと思っているところ。…

日刊工業新聞での紹介

5月8日付の日刊工業新聞(第24面)に、下の図のような立体折紙を設計する研究に関する記事が掲載されました。 上記の記事の一部が、Web上で「筑波大、立体折り紙を簡単に設計できるツール開発」として公開されています。 (Web上の記事は短いテキストだけで…

先日に作った、球体の折紙がわりと評判が良かったので、追加でいくつか作成。 いろいろな回転体の形をデザインできるのですが、それでもやっぱり最もシンプルな球体が綺麗と言うのは興味深いところ。 せっかくなので、その展開図を公開しました。 PDFファイ…

回転体として表現できる形を1枚の紙で作る方法を確立してから、いろいろ遊んでみました。 パソコンで簡単にシミュレートできるのはとても便利。 でも、実際に作るには1つ数十分くらいかかるので、あまりたくさん作るわけにはいかず、 面白そうな形をいくつか…

東京工業大学で開催された第4回「計算力学援用による折紙工学の推進とその応用に関する調査研究分科会」に参加。 今回は宇宙服の話や飛行船の話などを聴講することができ、とても興味深いものでした。 工学系の研究会ですから、折り紙の理論を産業に応用しよ…

数学セミナー

日本評論社の月刊誌「数学セミナー」の1月号で「折り紙の数理」の特集があります。 私も記事を担当させていただくことになり、つい先日にようやく脱稿しました。本日、著者紹介の文章を送ったところです。 コンピュータグラフィックスの視点から折り紙を扱う…

おりがみはうすにて開催されている、布施さんの折り紙作品および鳥海氏の版画作品展を見てきました(作品展示の様子の写真は山口さんのブログで多数紹介されています)。 布施さんの作品はやっぱり実物を近くで見ると、そのつくりの精巧さに驚かされます。平…

折紙研究

大学時代の出身研究室で、折紙の研究で修士論文を書いている学生がいて、その発表練習に参加させてもらいました。 研究の内容は、びゅんびゅんバネの構造を解明しようというもの。 これは紙で実際に作れるけれど、数学的なモデルではどうしてこのような形に…

ようこそ大学の研究室へ

先日のエントリでも書きましたが、明後日(22日)に中学生と高校生を対象とした大学の研究紹介という位置づけで折紙に関する研究の紹介が筑波大学で行われます。 「コンピュータ折紙と幾何学定理の自動証明」 というテーマで、筑波大学コンピュータサイエン…

東工大で行われた「計算力学援用による折紙工学の推進とその応用に関する調査研究分科」なるものに初参加してきました。 思った以上に多くの方が参加されていて驚きました。私は今までの研究を広く浅く、話題提供という位置づけで話をさせてもらいました。 …

ORIPA

ORIPAに実装してからだいぶ経ちますが、重い腰を上げてようやく「展開図から折りたたみ後の形状を推定する」アルゴリズムに関する論文を書きました(まだ投稿してないですが)。 先日のドイツへの出張中の時間を使って7割がた仕上げ、U先生にProof Readをお…

曲線折り

曲線の折りを含む、曲面的な折紙の造形に関しては、ハフマン符号で著名なDavid Huffman氏による作品が有名ですが(例えばこちら)、このような造形を実際に行おうとすると、かなり難しいです。 曲面を含む意図した形を1枚の紙を折るだけで、実現するにはどう…

折形デザイン研究所訪問

「折形デザイン研究所」へお邪魔してきました。 南青山という土地にありながら、和の佇まいで、そこだけ別世界のようでした。 日本古来の「折り形」(オリガミではなくオリガタ)の伝承的な美しさを活かしつつ新しい形を模索されているようで(理解が違った…

Cubigami

先日の日記に書いた「1つの展開図から異なる箱が作れるパターン」がとっても面白いと思い、自分なりにプログラムを作って、他にもパターンが無いか探してみることにしました。 その結果、1つの展開図から2つの箱が作れるパターンは結構たくさん見つけること…

舘氏のOrigamizer

未踏プロジェクトの1つとして舘氏によって開発された、折り紙用の展開図を自動生成するアプリケーション「Origamizer」が公開されたようです(こちら)。 これは、任意のmanifoldな多面体を折り紙で実現してしまうという野心的な試みを実現した、画期的なソ…

片柳コンピュータ科学賞

折紙の研究で著名なErik D. Demaine氏が、2008年片柳コンピュータ科学賞を受賞され、5月23日に東京工科大学にて受賞記念講演会が開催されるそうです。 詳しくは http://www.teu.ac.jp/information/2008/009913.html に掲載されています。 「コンピュータ科学…

ORIPA更新

久しぶりにORIPAの更新版を公開しました。 簡単なフォーマットの展開図情報のインポートと、折りたたみ推定後の情報の出力機能が追加されています。 出力される情報には、折りたたみ後の頂点座標と面の重なり関係を表す行列が含まれるので、これをもって、折…

創作折紙

2歳の長女と一緒に折り紙遊びしていたら、よくわからないまま顔っぽいものができたので、 それを若干修正して仕上げてみました。もしかしたら初のまともな(?)オリジナル作品かも。 正方形の折紙ではなくて、A4のコピー用紙を使っています。 私の周りには不要…

折り紙あそび

折り紙に下の写真のような折り筋をつけると結構遊べることを発見。 (三浦パターンや吉村パターンなど、特定の折り筋パターンに名前が付いていたりしますが、上のようなパターンには名前はあるのかな?)一昔前にスネークキューブの名で流行った立体パズルの…

サイエンスゼロ「折り紙のワザ」

今週土曜日のサイエンスゼロ(23:45〜24:30 教育テレビ)で「折り紙のワザ」が放映されるそうです。 折り紙の研究と言うと、えっ? と思われる方が多いと思うので、このような番組で取り上げてもらえるのは嬉しいです。面識のある方が登場しそうな気がする…

「鮭」にチャレンジ

最近、本当に時間が取れなくて、論文も書かなきゃ、来年度の授業のことも考えなくちゃと焦っているのですが、ようやく今日は少し時間がとれて、現実逃避的に久しぶりに折紙を折ってみました。 以前から形がカッコイイと思っていた吉野一生氏の「鮭」です。 …

Howcast

「Google出身者が無料「ハウツー」動画共有サイトを立ち上げ」の記事の中に「折り紙」というカテゴリの紹介があったので、さっそく見てみました。 以下が「折り紙」カテゴリのムービー。 http://www.howcast.com/categories/286-Origami オープンして間もな…

「宇宙から紙飛行機」

「宇宙から紙飛行機」目指し実験=マッハ7の風速に耐える−東大など http://www.jiji.com/jc/zc?k=200801/2008011701004 記事の見出しの通り、宇宙から紙飛行機を飛ばすことを計画しているそうです。

折り鶴のプロポーション

昨日の折り紙に関する集まりで、発表に使った折り鶴の形がおかしいのではないか、という指摘を受けました。 私のプログラムの問題なのかと一瞬ヒヤリとしましたが、そうではなくて単に「折る位置」の問題であったことがわかりホッとしました。 図の右側が今…

顔の折紙

目黒氏にいただいた顔の折り紙(その2)の展開図をORIPAに入れてみました。 これもうまく折れたようでホッとしました。平坦に折りたたまれるものについては、ほぼ問題無さそうです。 今回は、この作品の展開図をORIPAで修正して、2通りの顔を作ってみました…

本日チャレンジした折紙作品の紹介です。 ・作品名:アルマジロ ・創作者:ジョセフ・ウー ・折り図掲載:季刊誌「をる」,No.14,1996 ・使用した紙:包装用紙 50cm四方 ・折りあがりサイズ:全長27cm ・制作時間:1時間半

Rigid Origami Simulation

舘さんの剛体折紙シミュレータがついに公開されたようです。 http://d.hatena.ne.jp/tactom/20070928 舘さんの剛体シミュレータは国内より海外で有名っぽいので、この登場を待ち焦がれていた外国の折紙愛好家が多いのではないでしょうか。 (と、思っていた…

ORIPA0.29

ORIPAのバージョンアップ版を公開しました。 折りたたみ前に、入力された展開図に問題が無いかチェックするためのWindowを1つ追加しました。 当初はシンプルなアプリケーションを目指していたのですが、なんだかんだ開発を進めていくと、やっぱりだんだん複…

顔の折紙

目黒氏に顔の形の折紙作品をいくつか教授いただき(ありがとうございます)、その中の1つが平坦に折りたためるものだったので、ORIPAで折りたたんでみました。 元の紙が正方形ではないのですが、完成形の推定は無事にうまくいったようです。 展開図からも、…

折紙レンダリング

先日の日記で、折紙に色を着けたレンダリング結果を示しましたが、折紙といえば千代紙?と思い立って、テクスチャをつけてみました。やっぱり絵柄が入ると華やかです。 ↓上の図を裏から見た様子 ↓他の例題

ここ数日の研究開発の成果を盛り込んで、新しいORIPAを公開しました。 ORIPAのページはこちらです。 http://mitani.cs.tsukuba.ac.jp/pukiwiki-oripa/index.php是非お試しください。 # ORIPAのページはWikiとして誰でも編集できるようにしていたのですが、し…

トトロ

ゼミの学生が「ジブリの絵職人 男鹿和雄展」のお土産として、トトロの折り紙をプレゼントしてくれました。 折り図(折り方の説明図)は無くて、印刷された折り線と番号だけをヒントに折りあげる、という珍しいものでした。 まさに今はまっている展開図折りで…

続:折紙研究

ここ数日の日記に名前が何度も登場している目黒氏が、たまたま近くに仕事でいらしているということだったので、本日の仕事後にお会いすることができました。 以前はネット上で名前をお見かけする程度だったのですが、それがメールをいただけるようになって、…

続:折紙研究

例によってしつこいですが、その後も動作検証を行っていて、面白い発見があったのでご報告。 下の展開図から折りあがる「ブタ」の作品では、面の重なり順が全部で144パターンあることがわかりました。 最初はプログラムのバグかと思ったのですが、目黒氏のプ…

折紙研究

せっかく折紙の表と裏の両面が現れる作品については紙の色を設定したほうがそれっぽいかと思い、片面にだけ色を付けてみました。 展開図自体は慣れれば数分で作図できるので、それからこのようなイメージが自動的に生成できるのは、それなりに便利なのではな…

折り紙研究

与えられた折紙の展開図から、折りたたみ後の形を推定する研究を行っているのですが、今日はプログラミングをする時間がたくさん取れたので大きな進展がありました。 ほぼ現実的な時間でかなり複雑なものでも(面の重なり順にループを持つものでも)全ての解…

Ambient Occlusion

先日のGCAD研究会では、平織りのイラスト調レンダリングについて話をしたのですが、その際に「Ambient Occlusion」をうまく使うとリアルな結果が得られるのではないか、というアドバイスをいただきました。 恥ずかしながら Ambient Occlusion の概念を知らな…

折紙設計手法

折紙の設計支援ツールとしてLang氏が作成したTreeMakerというものがあります。 とても便利なツールですが、これがあればどんな形でも簡単に作れるわけではなくて、やはり折紙の展開図と折りたたまれた後の形の関係を理解していないと使いこなすのが困難です。…

続:折り紙風レンダリング

一度手をつけたものは一気にやってしまわないと落ち着かない性分なので、昨日に引き続き今度は平坦に折りたたまれ、なおかつ重なり順にループを持つTesselationにチャレンジしてみました。 昨日用いた立体的な形をレンダリングするアルゴリズムは全然だめだ…

折り紙風レンダリング

東京大学の舘さんがFlickrに載せている折り紙シミュレーションのCG画像がスゴイです。 http://www.flickr.com/photos/tactom/sets/72157594370508788/ いやー、綺麗だなぁ。と感心しつつ、レンダリングソフトには何を使っているのかなぁ、などと思っていたわ…

Origami USA Convention

ニューヨークで開催されたOrigamiUSAのコンベンションに参加してきました。 今まで様々なコンベンションに参加してきましたが、これだけ中身の濃いものは初めてで、 まさに折り紙三昧な日々を過ごしてきました。 今まで知らなかった多くのことを学ぶことがで…

続々々:Paper Mosaics

ちょっとしつこいですが、本日も紙とパソコンと苦闘した結果、なんとなくそれっぽいものが得られることが確認できました。 ということで、ここしばらく続いたOrigami Tesselationマイブームもこれにて終了。

続々:Paper Mosaics

昨日の成果をとりあえずどこかで発表しよう、ということで、応募締め切りがちょうど明日になっている第128回GCAD研究発表会で発表することに決めてしまいました。 この手の内容は、どの研究会で発表するのが妥当なのか、毎回悩むところですが、でもまぁ今回…

続:Paper Mosaics

一昨日の日記で、Origami Tessellationについて考察して、構成面の重なり順に閉ループが存在するものを正しくレンダリングするのは難しいだろうと思ったのですが、 一晩考えたら、なんとなくできそうな予感が。。 というわけで、まずは簡単な「ねじり折り」…

Paper Mosaics

Paper Mosaicsというサイトで公開されている「Tess」というソフトウェアを使って遊んでみました。 Origami Tessellationという、タイル状に並んだ規則的なパターンを折り上げるデザインを簡単に設計できるソフトウェアです。 例えば上の左側のような折り線パ…

折り紙関係のイベント

この週末は「さきがけ」の領域会議があって、最近の折紙の研究に関する報告をしてきます。これが何よりも優先されるのですが、ちょうど同じタイミングで、第2回折り紙の科学・数学・教育 研究集会が開催されます。残念ながら私は参加できませんが、学生の古…

折紙学会

日本折紙学会の東京の例会がこの土曜日、第2回折り紙の科学・数学・教育研究集会が26日の土曜日に開催されます。今回は、どちらの土曜日も他の仕事が入ってしまっていて参加できません。特に研究集会には参加したかったのですが残念です。

折紙の展開図からの折りたたみ推定

折れ日記経由で目黒氏の折紙の展開図からの折り畳み推定をするJavaアプレットの存在を知りました。 掲示板 http://www43.tok2.com/home/meguro/cgi-bin/clip/clip.cgi アプレット http://www43.tok2.com/home/meguro/cgi-bin/orihime055/orihime.html展開図…

ORIPA開発

先日の日記に書いたとおり、ORIPAでは吉村パターンや三浦折りのパターンのような繰り返しやタイリングの展開図入力が効率的でないという問題があったので、ちょっと開発の時間を取って繰り返しコピーの機能を追加してみました。縦横方向のコピーと円弧状のコ…