読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みたにっき@はてな

三谷純のブログ

シェルピンスキー四面体

京都大学の酒井先生のグループが、フラクタルの日よけについて興味深い研究をされています。
フラクタル日よけについて(http://www.gaia.h.kyoto-u.ac.jp/~fractal/index.html)


その研究紹介の中で、塩ビ板を折り曲げてシェルピンスキー四面体を作った様子が掲載されています。
http://www.gaia.h.kyoto-u.ac.jp/~fractal/detail/61.html

1枚の素材に切り込みをいれて折るだけ。それで綺麗な幾何学的な立体ができてしまうのが不思議です。
面白そうなので、紙で作ってみました。

↓上記のWebで公開されている展開図を参考に作ってみました。

↓稜線の正面から眺めるとすき間が見えなくなります。

この原理を利用したオブジェが京都大学で制作されたようです。
http://www.i.h.kyoto-u.ac.jp/~tsuiki/sierpinski/index.html

↓同じパーツを2つ組み合わせて閉じた立体にできるそうです。今回は1つしか作っていないので、裏側はこんな感じ。