読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みたにっき@はてな

三谷純のブログ

イルカの紙模型

研究室に所属する4年生の細田君がペーパークラフトに関する研究に取り組んでいます。


ペーパークラフト用の展開図を作ろうとしたときに、最近では3DCGソフトでポリゴンモデルを作って、それをペパクラデザイナーで展開図にするのが一般的です。

ポリゴンモデルがあまりに多くの面で構成されている場合には、現実的に作れるくらいまでに面の数を減らすことを行います。
だいたい百ポリゴンくらいが、楽しく気軽に作れるレベルでしょう。


で、そのようにすると、ポリゴンのカクカクが目立って、あまりきれいに仕上がりません。


ペーパークラフト作家さんは、うまく紙を曲げて曲面を表現します。


そこで、研究テーマとして、可展面の集合でうまく立体を作りだすことに取り組んでみました。
結果として得られた展開図を(指導教員である私が!)組み立てたのが冒頭の写真。

従来のポリゴンモデル(手前)と違って、滑らかで綺麗な曲面モデル(奥の方)が作れました。

4年生が今の時点でこれだけの結果を出せるのは立派。詳しくは、今月末に行われる日本図学会の大会で発表の予定です。


折り紙も楽しいけど、ペーパークラフトも楽しい。