読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みたにっき@はてな

三谷純のブログ

スペイン出身のアーティスト、ホセマリア・シシリア氏との対話

今日は岩手の盛岡に来て、スペイン出身のアーティスト、ホセマリア・シシリア氏(

José María Sicilia - Wikipedia )とたくさん話をしました。

 

私の折り紙に興味をもったということで、この春に筑波大学に来てくださったのですが、その後また来日して岩手で活動をしているということで、ご招待いただきました。

 

次のページを見ることで、ホセマリア氏の日本での活動の一部を知ることができます。

motion-gallery.net

 

上記のページから、一部を引用します。

2011年、「津波によって、多くの人たちが自分たちのスペースから追い出されたことを知り、実際に自分の目で状況を確かめようと来日しました」という彼は、震災により何千という人々が住むところを失ったことに大きな関心を抱き、それを題材にした作品を作ろうとすぐに立ち上がりました。

東北をまわったシシリア氏は、釜石、陸前高田、大船渡、福島、南相馬、などの40を超える場所で、精神療法医や専門家らと共に、子どもたちに3・11の体験や思い出を芸術的に表現させるワークショップを開きます。

 

 

とあるように、ホセマリア氏の関心は震災後の被災地の子どもたちにあります。

 

 今日、実際にご本人から聞いた話の中で、これまでのいろいろな取り組みを聞かせていただきました。

 

たとえば、2011年3月のカレンダーに当時何があったかを書いてもらうワークショップを開いたり、放射線をイメージとしたオブジェを作ったり、我々日本人からすると、躊躇してしまうようなことに果敢に取り組んでいるそうです。実際、ワークショップでは大人たちからの反発も多かったそうです。

 

しかし、それは何よりも被災地の子どもたちのこれからの人生において、現実に目を向けて生きていかなければならない、という厳しいメッセージを伝えるためのようです。もしかしたら、私たち日本人が現実を直視せずに、時とともに風化していくのを待っているような姿に対して警告するものなのかもしれません。

 

ワークショップの開催は、カウンセラの方々のサポートのもと、心のケアには細心の注意を払っているそうです。

 

ホセマリア氏の、放射線をイメージしたという花のような形のオブジェを私が初めて見たときには、正直なところ、なんだこれは?と思ったのですが、氏から直接「現地の子どもたちは、放射線というものに正面から向かい合わなければならない。それが現実だ。」という言葉を聞いた時には、衝撃を受けました。

 

 

ホセ・マリア・シシリア 福島・冬の花 José María Sicilia, Fukushima Flores de invierno: GaleriaLIBRO

 

そして、アーティストは哲学を持たなくてはならない、作品に対して十分に説明できなくてはならない、というような、とても含蓄のあることを(こんな風に書いてしまうとあまりに簡単にまとめすぎですが)、一緒に食事をしながら、ゆっくりたくさん話をしてくれました。

 

私などは、単に綺麗で目を惹く、珍しい形であれば、なんとなくアート作品ぽいものができると軽く思っていたところがあるので、深く反省しているところです。

 

岩手はちょうど桜が綺麗な時期です。

それでも、「私はここに観光に来ているのではない、仕事に来ているのだ」という言葉を、カッコイイと思いました。

 

下の写真は、私が持って行った折り紙作品に、ホセマリア氏が、おもむろにパセリを乗せたところ。

 

f:id:JunMitani:20170428221409j:plain

 

お皿にパセリを乗せて、「よく見ろ」と言った後で、今度は折り紙にパセリを乗せて、「さあ、さっきと何が違う?」と質問されました。

まるで禅問答のようです。

 

見えるものだけが全てではない、奥の深い世界の片鱗を見せていただきました。

今回の話の中で、コラボレーションの提案をいただきましたが、私に務まるでしょうか。

 

これまでに受けた取材依頼

今日は、本学の4年生から取材の依頼を受けて、1時間ほど話をしました。

 

取材で必ず尋ねられる3大質問は、「なぜ今の研究テーマを選んだのか」「今の研究がどのように役立つのか」「今後、どのようなことを実現したいのか」というもので、今回も当然このような質問が含まれていたのですが(私は2つ目と3つ目の質問に答えるのがとても苦手です)、それ以外にも、大学時代に何に興味を持っていたのか、どのようなサークル活動をしていたのか、はたまた、休学中のベンチャー企業での仕事の内容や理化学研究所でのことまで含め、これまでの半生を語るような具合で、ずいぶんとたくさんお喋りをした気がします。

 

熱心に話をきいている様子が伝わってきて、いろいろ核心を突いた質問もあり、インタビューの仕方も、とても上手でした。

 

これまでの多くの取材では、まずは自分の研究内容を理解してもらうのに大半の時間を費やすことが多かったですが、今回はその点が完全に省略されてしまっていたので(大半はインターネット上の情報で事足りると思います)、普段は、あまり触れることのない内容まで話が及んで、なかなか楽しい時間を過ごさせてもらいました。

 

思うに、肩ひじ張らないで、気軽なお喋り感覚で受けられる取材は、受ける側も楽しいです。私の折り紙に関する研究に理解があると、なお嬉しいです。

 

場合によっては、折り紙の研究にはあまり興味は無いけど、仕事で取材に来ています。というのが伝わってくるような取材を受けることもあり、そのような場合は、こちらもなかなかエネルギーが湧いてきません。

 

それでも、雑誌や新聞は、一通りのことを話せば、あとは先方が重要と思うところをピックアップして編集してくれるので、あまり負担には感じません。

 

一方で、テレビ関係の取材は、かなり負担感があります。

映像として見せるために、パソコンを操作しているところ、折り筋を加工している様子、作っているところ、・・、と様々な場面を撮影することになるので、どうしても準備の時間も、取材対応の時間も長くなります。また、質問に対する回答も、しっかり簡潔に、それなりの映像として納めなければならないので、リテイクがあったりして、どうしても芝居っぽくなってしまいます。さらに、事前に「こういうことをしゃべってください」と言われることも多く、これがとても苦手です。微妙にこちらの意図と違っていても、番組構成上、どうしてもこういうことをしゃべって欲しい、という事情もあるのでしょう。

 

何度か、このような経験をしてから、テレビに映る研究者のインタビューを見ると、「こういうことを言って欲しい」と頼まれたんだろうなぁー、とか、「パソコンに向かって何か操作している様子を撮らせてください」と言われたんだろうなぁ、とか、その背景を推測してしまうようになってしまいました。

 

もちろん、このような取材を通して、今の活動を多くの方に知っていただけることは大変ありがたいことです。今後も取材の依頼には積極的にお応えしていこうと思っています。ただ、これまでの記録を見てみると、新聞30件、テレビ16件で紹介いただいたことがあり、もう取材のピークは過ぎたかなぁ、という気もします。

 

機械学習の「半教師あり学習」の簡単な説明

機械学習の応用として、画像の分類がよく例に挙げられます。

 

与えられた画像に対して、「これは猫の画像」「これは犬の画像」というように分類することが目的になります。

 

これには、前もって「犬」とか「猫」などのラベルの付いた画像を準備して、それぞれのラベルに対応する特徴を学習しておくことで、新しい画像に対して「犬の確率○%」というような出力をします。

「これは犬なんだよ」ということを前もって教えておくので、「教師あり学習」と呼ばれます。

 

一方で、そのような情報を与えずに、いきなり「これらを分類してみ」というのを「教師なし学習」と呼びます。

事前に何も教えておかないので、当然「これは犬ですね」なんて答えることはできず、「全体として3つのグループに分かれるっぽいよ。で、これとこれは違うグループっぽい」とか、そういう出力になります。

 

では、「半教師あり学習」とは何でしょう。
これは、ラベルの付いた画像と、ラベルの付いていない画像を使います。

ラベルの付いた画像を準備するのは手間がかかりますが、ラベルの付いていない画像は簡単に集まります。

直感的には、ラベルの付いた画像だけあれば十分で、ラベルの付いていないものがたくさんあったとしても意味がない気がします。でも、ラベルの付いていない画像があることで、学習効果を高めることができます。

 

そのことを、「ラーメン」と「うどん」の識別を行う例で考えてみましょう。


事前に「ラーメン」とラベルが付いた画像と、「うどん」とラベルの付いた画像がいくつかあるとします。でも、数が十分でないと、どちらもなんとなく似ていて、どこを見て判断すべきか微妙だったりします。

 

たまたまナルトが写っているラーメン画像が多かった場合、「ナルトがあればラーメンだ」「ナルトが無ければうどんだ」と判断することになるでしょうし、たまたまラーメン画像には全て赤い器が写っていた場合、「赤い器があればがラーメンだ」と判断することになるでしょう。

 

さて、ラベルなしのデータ群の中から、この「ラーメン画像」と似ているものを探してみます。すると、全体的にラーメン画像に似ているけども、ナルトが写っていないものや、赤い器ではないものが見つかります。
そうすると、「ナルトを基準に判断するのはあまり適切でない」とか「器の色では判断しきれない」ということがわかります。

一方でラベルなしのデータ群の中から「うどん画像」と似ているものを探してみると、赤い器に入ったものが見つかったりします。

そうすると、ラーメンとうどんの違いは、器の色ではなくて「麺の色や太さで判断するのが適当そうだ」という結論に近づくことになるでしょう。

 

このように、「確実にラーメンな画像と、それに似た画像の集合」と「確実にうどんな画像と、それに似た画像の集合」から、「ラーメンとうどんを見分ける基準」が、より適切になる可能性があります。

 

このように、ラベルの無い画像も画像の分類の精度向上に役立てることができるのです。これが、「半教師あり学習」の利点の一つです。

 

人工知能が社会に影響を与えることについて

今日はAI研究の最先端で活躍する方々による、ディスカッションを聴く機会がありました。

 

技術的な話というよりは、AI技術が社会に与えるインパクトについて自由に話をするもので、人間の考えや行動にAIが影響を与えることが十分に可能となったときの懸念が主なテーマとなりました。

 

もはやAIに関する記事が新聞の紙面に出てこない日は無いくらいに、人工知能に対する期待と不安が社会的な関心事になっていて、私自身も、最近特に、仕事の場においても人工知能について考えさせられる機会が増えてきました。

 

以前のブログ

人工知能が私たちの考えに影響を与えるとき - みたにっき@はてな

に書いたばかりですが、私は自分の考えや行動が、気づかないうちにAIによって影響を受けてしまうことを、良いことととらえるべきかどうか、難しいと感じています。

 

今回の議論では、人間には認知バイアスというものがあり、ものごとを誤って認識することが多々あるので、AIによって、それを補うことができるという発言があった一方で、AIが、かえって、その認知バイアスを強化する方向に働くことの懸念も示されました。

 

英語版のWikipediaには、認知バイアスのリストがあって、そのページを見ると、驚くほどの種類に圧倒されます。

 

f:id:JunMitani:20170425223533j:plain

List of cognitive biases - Wikipedia


私たちの判断は、いかに危ういバランスのうえに立っているかを再認識されます。

 

今、多くのワープロソフトが、英単語の綴りミスを指摘してくれ、ときには自動修正をしてくれます。冠詞や時制の誤りを自動修正してくれるワープロソフトも、すぐに実現できそうです。もうあるかもしれません。

 

そのうち、イディオムの誤りや文法の誤りを直してくれ、不自然な表現を気の利いた言い回しに直してくれるようになるかもしれません。


文章の論理的な矛盾を指摘して直してくれたり、全体の構成まで手直ししてくれるようになったとき、それは自分の考えを表したものと言えるでしょうか。

 

将来的には、キーワードを含む2,3行の文章だけから、格式高い長文が自動的にできるかもしれません。こうなると、まさに星新一の『肩の上の秘書』の世界です。

文章を読む方は、自動要約ソフトで2,3行に要点を絞ってから読むことになるかもしれません。なんとも空しい話です。


すでに実現している、レコメンデーション機能の多くは

「あなたはこれが好きでしょうから、これはどうですか?」

と、利用者の好みをさらに強化する方向に働くものが多いですが、

「あなたは、こういうのばかり観ているから、もう少し、こっちの分野のものも観てみてはどうですか?」

というふうに、視野を広げる方向に機能するといいな、と思うのですが、これもまた、AIによる思想のコントロールにもつながるのではないか、という懸念は避けられそうにありません。

 

人工知能について、考え出すと、夢のある話と、それとは反対の話と両方が出てきて、悩まされます。

 

今日の議論の最後は、「仮に人工知能が我々の社会に大きな影響を与えるようになっても、人間が人間らしく生き生きと活躍できる社会が大事である」という、至極まっとうな話で幕を閉じました。

 

ものごとの終わらせ方について

文部科学省が、国公私立の枠組みを超えての統合を視野に入れた大学再編を検討しているという記事。

 

www.sankei.com

 

いよいよ大学も統廃合を考えざるを得ない時代になったのだと、しみじみ思うところがあります。

 

記事にある通り、これから18歳人口が減少する一途ですから、増えすぎた大学をどのように減らしていくか、という議論が必要でしょう。

 

大学進学率を高めるとか、社会人にも大学に来てもらうとか、留学生を増やす、などの取り組みが言われてきましたが、それでももう、今あるだけの大学の数は維持できないということでしょう。

 

つぶすにつぶせないとズルズル長引かせて、かえって傷を深くすることもあるでしょうから、明確な指針を国が主導して示すということには意味があるものと思います。

 

実は最近に、次の本を読んだばかりだったりして、

倒産するとどうなるか (アスカビジネス)

ものごとをうまく終わらせる、というのは、その後のためにも、とても大事であると感じていたところです。この本では、みんな知らないだけで、専門家の手によって上手に会社を倒産させる方法がある、ということが紹介されていました。


ほかにも、別荘を買ってしまった後に、それを売却しようと思っても買い手がいないときにはどうするんだろう。。

ニートが熱海に別荘を買った話(後編)<移動時間が好きだ>pha - 幻冬舎plus


とか、古くなったマンションの解体が遅々として進まずに大きな問題になっているとか。

限界マンションへの対応 - 次に来る空き家問題 - : 富士通総研

 

こういう記事を目にするたびに、最初は勢いで物事を進めても、後々に、それをどう処分するかという問題によって大変なことになるケースが多くあるような気がします。


企業であれば、市場原理によって倒産になるでしょうし、物はいずれ壊れるでしょう、だけど、目に見えないものはどうでしょうか。

 

例えば、地域のお祭りとか、私の身近なところだと学内イベントとか新しく始めたサービスとか、学会運営とか。
誰か一人が最後まで責任をもって「解散!」という判断ができればいいですが、数年単位で代表を引き継いでいるような場合には、どうにかして自分の代だけは上手に乗り切ろうと頑張ることになってしまいます。このような傾向は、役所にも多くみられるものと思います。

 

時代とともに、その必要性が薄れたり、担い手が減っていく中で、よくある表現では、ババ抜きの状態になってしまって、後に行くほど継続がしんどくなります。

 

時代の変化は加速する一方で、人口が減っていく、若手が減っていく、そういう時代に、まさに、このような状態で苦しんでいるところが多いのではないかと感じることがあります。

 

何か新しいことを始める前に、何かを上手に終わらせる、その一般的な方法や、終わらせる基準、というものがあれば、もう少し楽になるのではないかな、と思うのです。

 

つくば市近辺の穴場スポット:上高津貝塚ふるさと歴史の広場

つくば市の境界にほど近い場所にある、土浦市の「上高津貝塚ふるさと歴史の広場」がかなりの穴場です。

 

上高津貝塚ふるさと歴史の広場 | 土浦市公式ホームページ

 

f:id:JunMitani:20170423223144j:plain

 

とにかく何もない広大な広場が、休日でもほとんど人がいない状態。

キャッチボールをしても、サッカーボールを蹴っても、凧揚げをしても、他人に迷惑をかけることをほとんど気にしなくてすみます。

 

広場の端の方に、復元された竪穴住居が3つあって、中に入ることもできます。

 

併設されている考古資料館の入館料は大人が105円で、子供が50円。

 

お近くの方には、オススメです。

 

本当に、何もないけど。

折り紙アーティストの紹介

2017年3月にTuttle Publishingから出版された洋書「New Expression in Origami Art」では、現代の折り紙アーティスト25名が紹介されています。

 

New Expressions in Origami Art: Masterworks from 25 Leading Paper Artists

New Expressions in Origami Art: Masterworks from 25 Leading Paper Artists

 

 

各アーティストについて、それぞれ8ページずつが割かれ、プロフィール写真と、代表的な作品写真が多数掲載され、ページをめくるだけで十分に楽しめます。

ハードカバーで重量感があり、綺麗な作品写真がたくさん掲載されているので、書棚に並べておくだけでお洒落な雰囲気となりそうです。

 

 

このたび、この書籍の書評を日本折紙学会の機関誌に寄稿することになったので、改めてパラパラと見ているところですが、せっかくなので、ここでも少し内容を紹介したいと思います。

 

本書で紹介されているのは、次の25名です(掲載順)。

Joel Cooper, Erik Demaine and Martin Demaine, Giang Dinh, Vincent Floderer, Tomoko Fuse★, Miri Golan, Paul Jackson, Beth Johnson, Eric Joisel, Goran Konjevod, Michael G. Lafosse and Richard L. Alexander, Robert J. Lang, Sipho Mabona, Mademoiselle Maurice, Linda Tomoko Mihara, Jun Mitani★, Jeannine Mosely, Yuko Nishimura★, Bernie Peyton, Hoang Tien Quyet, Matt Shlian, Richard Sweeney, Jiangmei Wu

★記号を付けたのが日本人で、布施知子さん、西村優子さん、私の3名が紹介されています。

 

私の作品は、下の写真のような感じで掲載いただきました。綺麗なカラー写真で掲載してもらえるのは嬉しいものです。

 

f:id:JunMitani:20170422170325j:plain

 

この書籍で紹介されているアーティストは、どなたも優れた作品を発表し、世界で活躍されている方々ですが、その中で私が実際に面識があり、作風を詳しく知っている方をピックアップして紹介してみたいと思います。

 

 

Erik Demaine and Martin Demaine

http://erikdemaine.org/curved/

MITで教鞭をとっている、天才数学者のErikさんと、そのお父さんのMartinさん。もはや折り紙設計を超越して、紙の物理的な特性で得られるグニャグニャとした造形をErikさんが作り、お父さんのMartinさんがガラス細工に閉じ込めるという、斬新なスタイルの作品を多数作っています。グニャグニャの造形自体は、ごくごくシンプルな曲線の折り筋から作り出されています。

Erikさんを詳しく知るには、次の記事がおススメです。

朝日新聞グローブ (GLOBE)|数学という力 Power of Mathematics -- 折って1回切るだけで…

ErikさんとMartinさんのお二人は、昨年に筑波大学にも遊びに来てくれました。今年の夏には、東京大学で開催される Asian Forum on Graphic Science という国際会議に招待講演で来られる予定になっています。世界中で引っ張りだこです。

折り紙の研究をするには、Erikさんの「幾何的な折りアルゴリズム―リンケージ、折り紙、多面体」という著書は必読です。

 

 

Tomoko Fuse

日本を代表する、世界的に活躍されている折り紙作家で、数多くの書籍を出版されています(Amazon では71件ヒットしましたが、もっとたくさん書かれていると思います)。ボックスやユニット折りなど、幾何学的な造形が得意で、世界中にファンがたくさんいます。4OSMEのときに、シンガポールでご一緒し、一昨年はイタリアでの折り紙コンベンションに一緒に招待されて、たくさん話をさせていただきました。世界を飛び回って展示会や講演をされていて、世界で一番知られている折り紙作家の一人と言えるでしょう。

 

Miri Golan

http://www.origami.co.il/

イスラエルの折り紙センターを運営し、折り紙の啓もう普及に絶大な情熱を注いでいる折り紙作家です。イスラム教とユダヤ教の経典を結ぶような折り紙作品を作るなど、折り紙が世界に平和をもたらすという信念をもって活動されています。また、幼児教育や数学の初等幾何の教材に折り紙を活用するための活動にも取り組んでいます。イスラエルの折り紙コンベンションに招待いただいた時に、およそ1週間お世話になり、ずーっとずーっと、折り紙に対する情熱を語っていただきました。

 

Paul Jackson

http://www.origami-artist.com/org_abstracts.htm

Miri Golan さんと夫婦で折紙活動をされています。平織りでの有機的な造形が得意ですが、ジャンルを選ばず幅広い作品を発表されています。大学でデザインに関する授業を多数持っています。イスラエル滞在中に、あちこちの大学に連れて行っていただきました。死海やエルサレムにも連れて行ってもらったのも良い思い出です。ポールジャクソンさんの書籍「デザイナーのための折りのテクニック」の翻訳の監修をさせていただいたご縁で、いろいろ親しくしていただいています。

 

デザイナーのための折りのテクニック 平面から立体へ

 

Robert J. Lang

http://www.langorigami.com/

折り紙界のスーパーマンです。折紙設計理論を確立し、TreeMakerという設計ソフトウェアを開発されています。そのソフトウェアを用いて作り出された精密な昆虫の折り紙は、少し離れると本物と区別できないほどです。見事な折り紙作品を多数発表される傍ら、論文、著書を執筆し、あちこちで講演して、大学での講義もこなし、そのバイタリティーには驚かされます。米国のアメリカ団体でも重要なポジションにいて、いろいろな啓もう活動をされています。日本にも頻繁に来られています。ラングさんの著書

Origami Design Secrets: Mathematical Methods for an Ancient Art, Second Edition

は、折り紙の設計理論に興味がある方には必読の書です。

 

 

Yuko Nishimura

http://www.yukonishimura.com/

下の写真は、上記のWebページで紹介されている西村さんの作品です。多数のプリーツから成る、陰影が繊細で美しい幾何学折り紙を得意とするアーティストで、筑波大学出身です。折り形デザイン研究所で活躍されています。茶室の空間造形に、折り紙の構造を取り入れるなど、日本の文化の新しい表現を試みたりされています。

f:id:JunMitani:20170422171521j:plain

 

Bernie Peyton

http://berniepeyton.com/

野生動物の研究をされている方で、作品は、その経験に基づいた、生き生きとした動物たちがメインとなっています。台湾で開催された Origami Universe という世界最大規模の折り紙展示を成功に導いた立役者です。イタリアのコンベンションの招待者としてご一緒しました。ユーモアのある方で、楽しい話をたくさん聞かせていただきました。

 

以上、私とお付き合いのある方、というかなり偏った紹介の仕方をしましたので、他の方についても、インターネットで名前を検索すると、素敵な折紙作品がたくさん見つかると思います。

 

日本国内で活躍されている折り紙作家の紹介が、日本折紙学会内の、こちらのページにあります。

http://www.origamihouse.jp/works/harmo/profile/profile-domestic.html

また、上記以外にも、海外の折り紙作家についての紹介がこちらのページにあります。

http://www.origamihouse.jp/works/harmo/profile/profile-world.html

 

著名な折り紙作家の作品を自分でも折ってみたいという場合には、「端正な折り紙」山口真著(ナツメ社)がおススメです。タイトルの通り、端正な折り紙作品の作り方が、わかりやすい折り図で紹介されています。 

端正な折り紙

端正な折り紙