みたにっき@はてな

三谷純のブログ

文化交流使(5日目:香港)

香港5日目。

今日はハロウィンということで、市民が集まってデモを起こすかもしれないと予想され、ワークショップは開催できないかもしれない。。と懸念されていましたが、幸い無事に開催することができました。

一昨日と同様に、アートセンターでの講演+ワークショップです。今回は、事前に上級者向け、と告知しておいたので、折り紙に自信のある方の参加が多いということで、難易度高めのホイップクリームの制作を行いました。自分でテンプレートを切り出して、それに沿って鉄筆で折り筋を付けます。私もお手本として、手元をスクリーンに写しながら、黙々と作業を進めました。機械を使わなくても綺麗にできることに、多くの方が感心してくれました。まぁ、長年やってますので。

ホイップクリームの形は、おおよそ20分くらいで完成。時間内に同じようにできたのは、参加者の2~3割くらいといったところでした。続きは自宅で。ということになりましたが、みなさん、十分に楽しんでもらえたようでした。

 

さて、これで香港でのイベントはすべて終了で、次はフィリピンに移動します。当初の予定では、日曜日に移動することになっていたのですが、週末はデモが開催されることが多く、最悪の場合には空港が閉鎖されることも懸念されることから、2日前倒しで、明日(金曜日)に移動することになりました。平日であれば、大丈夫だろうということです。

 

そのため、ちょっとあわただしいですが、ワークショップを終えて夜10時ごろにホテルまで送っていただいて、今回お世話になった総領事館の皆様に感謝を述べてお別れしました。明日は朝早めの出発なので、これから荷物をまとめて移動の準備です。

 

。。

 

と、スムーズに進めばよかったのですが。。ここで旅の途中の初トラブル。

ノートパソコンの電源ケーブルが無い!

これが無いと、パソコンのバッテリーが切れた以降は、先々で何もできなくなってしまいます。無くなったでは済まない。。

というわけで、ホテルから領事に電話をして(部屋の電話、携帯電話、ともにダメだったのでコンシェルジュにお願いして電話してもらった。)、事情を説明。急遽、ワークショップの会場まで行ってもらって(夜遅いのに担当者に開場してもらって)、ケーブルを探していただくことになりました。ごめんなさい。

結局は無事に見つかり、届けてもらったのが夜10時40分頃。

本当にご迷惑をおかけしたと反省しきりです。

ワークショップ終了後に参加者さんからの質問に答えたり、写真撮影やサインの要望に応えたり、もろもろしながら片づけを進めたので注意散漫でした。今後は、片付けするときは片付けに専念しないと。

 

で、こうして無事にブログを書けています。

 

今夜で香港での宿泊は最後なので、以下は香港滞在のまとめ。

 

香港滞在中、ワークショップ等以外の時間は、ずいぶん自由に街を散策することができました。とにかく背の高いビル群に圧倒されて、口をぽかんと開けながら上を見上げて歩きまわっていました。Twitterでは何度もツイートしたのですが、改修工事などの足場が竹で組まれていることが不思議で、すごく興味を惹かれました。こちらで撮影した写真の半分くらいは竹の足場に囲まれた建物の写真です。。

また、同時に、ずいぶんと老朽化が進んだ建物の存在も気になりました。世界に先がけて高層住宅の建築が進んだ香港固有の社会問題のようで、日本でも管理が十分でない築年数の経った高層マンションが今後問題になると言われていますが、その将来の姿が、香港にあるのかなと思いました。

現在も続いている香港民主化デモは、なかなか収束の気配を見せませんが、日本同様の高齢化や経済の停滞などの社会的な課題とあわせて考えると、今後の香港の行く方向に大きな影響を与えるできごとであると感じました。イギリスからの香港返還が行われた1997から20年とちょっとたち、一国二制度が保証される返還後50年間の折り返し地点に来たわけです。2047年には中国に完全に統一されることになるのか、そうではなくて、別の道を選ぶことができるのか、とても気になるところです。

 

明日のチェックアウトは朝早いので、遅刻しないように、そろそろ寝ることにします。