みたにっき@はてな

三谷純のブログ

立体折り紙の個展開催(4月1日〜24日)

4月1日〜24日の約3週間、東京都文京区白山にある「ギャラリーおりがみはうす」にて、 折り紙作品の個展を開かせていただきます。 「ギャラリーおりがみはうす」は、国内外の優れた折り紙作家の作品を常設していますが、 今回の展示ではそのスペースを丸ごと…

プラレールブーム

2歳の息子がプラレール大好きで、朝起きると、新幹線の模型のスイッチを入れて走らせることから一日が始まります。そんな息子のために、プラレールのコースを作ってあげていたのですが、少し遊んでいるうちに楽しくなって、親の方が夢中になってしまいました…

イタリア折り紙コンベンション(CDO: Centro Diffusione Origami)

12月5〜8日の4日間に渡って、第33回イタリア折り紙コンベンション(CDO)がTabiano Bagniという北イタリアの地で開催されました。今回はSpecial guestsとして、生き生きとした動物の作品を得意とするBernie Peyton氏、ヨーロッパ各国でも抜群の知名度をもつ…

リンゴをクルクル回してむいた皮のカタチ

本日放映されたすイエんサーのテーマは「りんごの皮を最後まで切らずにむくには?」 でした。 今回、ほんの少しだけ(全部で10秒くらい??)出演させていただいたので、差し支えのない範囲で、その裏舞台の話を書いてみます。 リンゴをクルクル回しながら皮…

3Dプリント用肝臓のフレームモデル

筑波大学の医学系の先生方と共同で、主に肝臓手術の支援を対象としたプロジェクトを進めています。「3D-CG バーチャル手術シミュレーションユーニット http://u-tsukuba-vrsurg.jp/ 」 私の担当範囲では、手術シミュレーションのためのソフトウェア開発など…

立体折り紙アート - 数理がおりなす美しさの秘密

これまでの折り紙制作の内容をまとめた本、 「立体折り紙アート - 数理がおりなす美しさの秘密」 が7月20日発売の予定となりました。 Amazon の書籍のページ 折り紙の研究を始めたのは10年前くらい前で、当初は下の図のように、平らに折りたたまれるものを主…

折り紙建築の設計

小学生の頃、自宅にあった茶谷正洋先生の「折り紙建築」の本に感動して、収録されていた飛び出すカードをたくさん作った記憶があります。 折り紙建築型紙集―オリガミック・アーキテクチャー パターン・ブック作者: 茶谷正洋出版社/メーカー: 彰国社発売日: 1…

「折りたたみペーパークラフト展」

深谷昌之氏の個展「折りたたみペーパークラフト展」が4月7日から12日までの間、「千葉市民ギャラリーいなげ」で開催されています。 https://plus.google.com/events/cl9u7f29d7egu8bihqd9en7h8os 個展の名前を見ただけで「これは見に行かなければ!」と思い…

つくば市役所での作品展示

先日の、つくばメディアアートフェスティバルでの展示が無事に終わって、一安心しました。幸い、多くの方に関心をもっていただくことができ、つくば市役所の庁舎でも作品展示を行わせていただくことになりました。本日、4月1日から5月末までの間、研究学園駅…

「つくばメディアアートフェスティバル」での展示

3月14日から22日の約1週間、茨城県つくば美術館にて「第1回つくばメディアアートフェスティバル」が開催され、 そこで折紙作品の展示をさせていただきました。 オーストリア・リンツ市で開催される世界最大級のメディアアートの祭典「アルスエレクトロニカ…

数学ソフトウェアとフリードキュメント XX

明治大学で開催された 「数学ソフトウェアとフリードキュメント XX」 http://www.mathlibre.org/msfd/20-ja.html という日本数学学会の方々が参加するワークショップに御呼ばれして、折り紙設計のソフトウェアの紹介をしてきました。 一般の講演では「折り紙…

情報処理学会「情報処理と折り紙」

京都大学で開催された、情報処理学会 第77回 全国大会でのイベント企画「情報処理と折り紙」 http://www.gakkai-web.net/gakkai/ipsj/77program/html/event/A-9.htmlに参加しました。三浦先生、萩原先生、奈良先生、三谷、舘先生の順で、それぞれの折り紙に…

格子パターンの折りたたみ方の数え上げ(3)

折り紙の話。 折り紙の各辺を4等分するようにして折って、 あとは対角線に平行な斜めの線を折ると、次のような格子パターンができます。 さて、この格子の中には「平坦に折りたためるような、折り線のパターン(展開図)」がいくつ隠されているだろうか? と…

見る方向によって正三角形・正四角形・正五角形が現れる立体

球以外の立体は、見る方向によって異なる輪郭線が見えます。試しに、正三角形、正四角形、正五角形が現れる立体(多面体)を作ってみました。CGだけではなんなので、実際に作ってみました。 (望遠レンズで撮影するともっと綺麗に正多角形が見えると思うのだ…

SS研座談会 2045年、コンピュータが人間を越えた時

サイエンティフィック・システム研究会の座談会に初めて参加させていただきました。 http://www.ssken.gr.jp/MAINSITE/event/2014/20150107-tabletalk1/index.htmlテーマは「2045年、コンピュータが人間を越えた時」。レイ・カーツワイルの著書「The singula…

謹賀新年

2015年が始まりました。 どうぞ今年もよい1年でありますように。

イスラエルでの折り紙イベントの報告

12月18〜20日の3日間に行われたイスラエル折り紙コンベンションに招待いただき、前後併せて9日間、イスラエルに滞在してきました。イスラエル折り紙センターを運営している、ミリ・ゴランさんとポール・ジャクソンさんご夫妻の厚意で、滞在中は移動から食事…

格子パターンの折りたたみ方の数え上げ(2)

今から2年半前に、次のようなパターンには、「平坦折り可能な折り線のパターン」がいくつ隠されているだろうか? というようなことを考えたことがあります。 (当時のブログ) 平坦に折りたたみ可能なパターンの数は、(対称性や回転によって重なる事例を考…

イルカの紙模型

研究室に所属する4年生の細田君がペーパークラフトに関する研究に取り組んでいます。 ペーパークラフト用の展開図を作ろうとしたときに、最近では3DCGソフトでポリゴンモデルを作って、それをペパクラデザイナーで展開図にするのが一般的です。ポリゴンモデ…

これまでに作ってきた折り紙作品

来月、イスラエルで開催される折紙コンベンションへ招待されることになり、いろいろと準備を進めています。 一般参加者向けのワークショップやら、算数・数学の先生向けの講習、大学生向けの講演などなど、招待くださったポール・ジャクソン氏のはからいで、…

Microsoft Research Asia Faculty Summit 2014 (北京)

2012年に Microsoft Research より「日本情報学研究賞」をいただいたご縁で、 Microsoft Research Asia Faculty Summit 2014 に招待いただきました。と言っても、参加するだけではなく、ポスター発表(デモ展示)が要請されていて、折紙関係の研究をまとめた…

折りたたみにくい折り紙パターン

水平または垂直な折り線の集合だけから構成される折り紙のパターンについて、 研究室の王天一くんが研究をしているのですが、今日のゼミ発表で、重なり順にサイクルが生じるようなパターンの例を見せてくれました。下図のような、一見するとシンプルな展開図…

曲面紙工作「紙の器」

書籍「紙の器 Paper-made Cases -暮らしを彩る楽しい形- 」を、著者さまから1冊いただくことができました! ありがとうございました。この書籍で紹介されているのは、滑らかな曲面を、滑らかな輪郭を持つパーツの組み合わせで作った作品5つ。円筒や円錐以外…

個人特性分析

部屋の整理をしていたら、今から13年も前に受けた適性検査の資料が出てきました。 2001年のもので、博士課程1年のときのもの。 いろいろな質問項目に対して、マークシートで回答を記した記憶がボンヤリと残っています。 当時は大学院を休学していたときで、…

BurrTools と 24パズル

先日の折紙のイベントで、前川さんの24パズルが話題に出て盛り上がっていました。 (折紙好きとパズル好きは、かなり共通点があるようです) この24パズルは、4角形の4辺に「凹・凸・平ら」を割り当てると、異なる24種類のピースを作ることができて、それが…

組み合わせパズルソルバ BurrTools の使い方

久しぶりに、パズルのソルバ「BurrTools」を使ってみました。 前回使ったのが約4年前!ということで、すっかり使い方を忘れてしまっていたので、備忘録の意味でその使い方のメモを残しておきます。BurrTools は、立方体のような基本図形の集合から成る「ピー…

第6回 折り紙の国際会議(6OSME)レポート

第6回目となる折紙の国際会議(6OSME: The 6th International Meeting on Origami in Science, Mathematics and Education)が、8月10日から13日までの4日間、東京大学本郷キャンパスの弥生講堂で開催され、盛況のうちに幕を閉じました。初日は参加登録手続…

連立方程式?

こんな問題を娘に与えて一緒に算数で遊んでみました。=== こどもたち100人が自転車または三輪車に乗って遊んでいるよ。 車輪の数をかぞえたら201個だった。 自転車に乗っている子と、三輪車に乗っている子は、それぞれ何人かな? === すぐわかる? 連立方程…

続:MeshLabによる、3次元測定データの穴埋め

昨日に、MeshLabを用いた3次元測定データの穴埋めについて紹介しました。 すると、データを測定した学生が、元の研究論文にとても興味を持って理解したいけど、内容が難しい・・というメールをくれました。 結果にとても驚いて、どのように実現しているかを…

MeshLabによる、3次元測定データの穴埋め

3次元測定機による復元データは、たいていの場合、ノイズや遮蔽領域の影響で、データ欠損を含みます。 欠損部は穴の開いた状態になるので、見た目も悪く、そのあとの処理にも影響を与えます。大学の実験の授業では、3次元測定機を使った形状測定を行っている…

ドイツ折紙コンベンション

年に一回開催されている、ドイツでの折紙コンベンションに招待され、Special Guests の一人として参加させていただきました。 (Webページはこちら)このイベントへの参加者は200人弱だったとのこと。会場では、スーツケースに詰め込んで運んだ折紙を展示さ…

ホイップクリームの形をした折紙のメイキング動画

個人的に気に入っている自分でデザインした折紙のひとつに、下の写真のようなホイップクリームの形をしたものがあります。 これを作っている様子を撮影したので、 動画をYouTubeに公開してみました。 ↓4倍速の動画。実際は5分ほどかかっています。あらかじめ…

「つくばハピまち」への出展

地元つくばでのイベント「つくばハピまち」で折紙の研究紹介の展示をしてきました。 つくば青年会議所が主催のイベントで、筑波大学も協力関係にあるということで、 筑波大学広報経由でお声をかけていただきました。 ↓イベント開会式。今日は快晴です。地元…

プリミティブの紙模型

3次元測定器でデータを取って見ようと思い、幾何学的なプリミティブ形状を紙で作ってみました。 円錐、円柱、立方体です。綺麗に仕上がりました。 ↓せっかくなので、記念撮影。

KAIST訪問

KAIST(韓国科学技術院)のMin Kim先生に招待いただいて、ERATO五十嵐プロジェクトで行ったデジタルファブリケーションに関する話をしてきました。韓国はこれまでソウルしか訪問したことがなかったのだけど、初めて高速鉄道KTXに乗って、Daejeonまで行ってき…

NHKハート展のための作品制作

3月3日までの間、日本橋三越本店にて第19回 NHKハート展が行われています。 http://www.nhk-sc.or.jp/heart-pj/art/heart/ 東京での開催をスタートとして、これから全国を巡回する予定のようです。 このNHKハート展とは、障害のある方がつづった詩に託された…

梅の花の折り紙

2014年最初の更新となりました。 新年おめでとうございます。新春らしく、梅の花の形の紙で折り紙してみました。↓紙の形はこんな感じ。あらかじめ折り筋をつけてあります。 ↓折り筋で折ると、丸くなります。 ↓ひっくり返すとこんな感じ。 動画を見た方がわか…

神戸ITフェスティバル

12月13、14日に開催された神戸ITフェスティバルに参加してきました。多くのスタッフの方に支えられ、楽しく充実した時間を過ごさせていただきました。 感謝申し上げます。以下、このイベントの記録です。 ■ 12月12日 早朝に筑波を出て、神戸へ。会場のデザイ…

研究室の書棚

研究室(学生部屋)にある書棚は、数年前にご退官された教授から引き継いで使わせていただいていたのですが、 おそらく購入時から数十年が経っているということで、今回、壁一面分をリプレースさせてもらいました。真っ白な状態。今後も綺麗に使いましょう。

ロックバンド VisionsVisions

ロックバンド「VisionsVisions」 http://flavors.me/visionsvisions の桟 惇平さんから、バンド活動で配布する広告に球体折紙の展開図を使いたいという連絡をいただきました。折り紙とロックバンド?? と、とても不思議に思ったのですが、2次元の平面が3次…

筒型の大型オブジェ

来月に、神戸で講演させていただく機会をいただき、それに合わせて、折り紙作品の展示もさせていただけることになりました。 会場がとても広いので、大型のオブジェの展示も。という提案をいただき、高さが2メートルほどの筒型の折り紙作品を作ることにしま…

折り紙展示

東京大学の弥生講堂で行われた「第48回繊維学会紙パルプシンポジウム」で話をさせていただきました。 その際に、会場の入り口近くに折り紙作品の展示をさせていただきました。弥生講堂での展示の様子。 横一列に並べてみました。背景が綺麗で、とてもいい感…

切り込み有りの折り紙

久しぶりの折り紙。1枚の長方形の紙から、トーラスを作ってみました。球体を作るときなど、外側にひだを出すことで整合性をもたせたりしますが、 トーラスの場合は、この単純なアプローチが使えません。そこで、上部の平らな箇所(ガウス曲率がゼロになる場…

第19回折紙探偵団コンベンション

日本折紙学会主催の第19回折紙探偵団コンベンションに参加しました。その中で、今回は次の折紙作品「6つの風車」の講習会(ワークショップ)をさせていただきました。 展開図はこちら。 折り手順というものは特になくて、実線を山折り、破線を谷折りに折って…

折り紙とダジャレの共通点

折り紙の研究集会後の懇親会での話の流れから、大学生のころに「猫が寝込んだ」系のダジャレをたくさん集めていたことを思い出しました。 今から15年以上も前の話で、今になって引っ張り出すのも恥ずかしい話なのだけど、 過去のアーカイブ情報を探したら、…

Excelの間違った使い方(2)

昨日のエントリは、VBAマニアな方には何か刺さるものがあったようで、いくつか反響をいただきました。まったく、まっとうでないExcelの使い方だし、別に新しい発想ではないだろうけど、Excelのセルを画素と見なして何かレンダリングする例は、 もしかしたら…

Excelの間違った使い方

VBAを使うと、Excelを自由自在に操れるらしい。 というわけで、このVBAを少し勉強してみました。どうやら、次のような記述でセルの色を指定できるらしいことがわかりました。 Cells(行番号, 列番号).Interior.Color = RGB(0〜255, 0〜255, 0〜255) というこ…

ボロノイ折り紙(その3)

前回のボロノイ折り紙が、思いのほかスムーズにできたので、 もっと複雑なものもできるのではないかと挑戦してみました。パソコンで、あっというまにいくらでも複雑なものが設計できるので、 見た目の良さと、自分自身の技量の兼ね合いを見極めながら試行錯…

ボロノイ折り紙(その2)

先日に、ボロノイ折り紙に挑戦したところ、思った以上に綺麗な写真が撮れたので、 ならばと、もう1つ作ってみることにしました。少しだけ難易度をアップして、今回は7角形ベースのものに挑戦。展開図はこんな感じ。PDFファイルはこちらです。 A3サイズに拡大…

折り紙あるある

昨日Twitterにつぶやいたまとめ。折り紙あるある10個。1.折り始める前に手を洗う 2.できた作品を何と呼ぼうか名前を付けるのに悩む 3.過去に上手に折れなかった作品が、すんなり折れたりして、たまに自分の折り技術の上達ぶりに驚く 4.折れたらかっこいいも…